食健連 秋のグリーンウェーブ行動

グリーンウェーブが10月19日福島県など県団体からスタートしました。県への申し入れ冒頭、根本敬会長が「新潟知事選の結果をみれば解かるように原発に対する民意は明確だ。それを念頭に交渉しましょう」と口火を切り、要請を行いまし […]

若き農業者のつぶやき せいねんぶ農人(ノート)

山にも雪が降り、りんご「サンふじ」が赤く色づきいよいよ収穫へ。桃・梨・米・柿と続いた収穫が今年最後となり、一年に思いをはせる。今年もいろいろな出会いや笑顔に感謝する一年です。来年も挑戦の年へ。  2016.

青年部農人のーと

昨年発足したばかりの須賀川農民連青年部。部長の鈴木清治さんは、夫婦二人三脚で安心・安全な多品目の野菜とお米を作り、毎朝スーパーの地場野菜コーナーへ出荷している。現在、稲刈り真っ盛り。めざせ年間売上げNo.1! by内山  […]

福島県バイオガス発電 事業化モデル事業に採択

9月13日、郡山地方農民連7名が市長を表敬訪問し、バイオガス発電の事業化に向けて石筵地域の会員が起案し、県のモデル事業に採択されたことを報告しました。市でもモデル事業として取り扱ってほしい、市役所内で担当者を選任してほし […]

自分たちのことは自分たちで決める

10月1日二本松市に於いて、原発被害者原告団全国連絡会主催の「原発事故から6年目の今・福島のこれからを考える」シンポジウムが開かれました。長期化する避難生活で深刻な被害が増え、帰還強制政策、賠償の打ち切りなどが進められて […]

米屋さんと生産者をつなぐ交流会

8月21日東京都内で米小売店・卸と全国の米生産者の交流会が開催されました。米価下落で困っているのは米農家だけでなく、米を扱う小売店や米卸も同様であることが報告されました。貧困による子供の欠食問題なども話され、「子ども食堂 […]

郡山市熱海町石筵の発電所

これは羊に除草をしてもらうとすごくいいのではないか!見学に来た人もパネル見るだけじゃつまらないし!という圧倒的ひらめきで羊が4頭やってきました。ぜひ見学に来てください。そしてかわいがってください。・・・こっそり食べないで […]

全国青年部夏の学習交流会

今年は宮城県で開催。「攻めの農業のカタチ」とはなにかをテーマに、地域農業のあり方を大規模施設園芸法人と家族経営果樹園を見学し学ぶ。現地で見て、聞いて、そして食べて、飲んで、ここでしか味わえないものを味わい尽くした。次はも […]

農民連全国研究交流集会が開かれました

8月4日、5日土湯温泉の山水荘を会場に県内と全国から200名余りが参加しました。「政治は変えられる」と希望をもたらした参議院選挙の経験を力に、TPPを批准させない運動と地域の農業をどう作っていくのか熱心な討論が行われ、こ […]

7. 16 会津農民連・産直センターOPEN!

会津農民連・産直センターの事務所が新設され、その隣に「直売所」も併設されました。7月16日のオープンには「予想を超える」来店者にスタッフも汗だくの対応に追われました。

自慢の野菜をお届けします

須賀川農民連では、近隣のスーパー内にインショップ(農民連コーナー)を設けて、自慢の野菜を販売しています。70名を越える会員が出荷登録し、早朝から出荷が始まります。これからは夏野菜出荷の最盛期です。2016.7.6

平和な未来を子どもたちへ

6月12日福島市森合小で第59回福島県・第43回福島市母親大会が開かれ、午前中は12の分科会、講座に分かれての話し合い。午後からは伊藤真さんの講演「今こそ『憲法の力』をつけよう!-わが国を「戦争する国」にしないためにー」 […]