GAP・環境保全型農業研修

1 月 11 日(金)農業総合センターにおいて県農林水産部、瀧田克典さん講師にGAPの基礎と国が 2021 年から「ほぼすべての国内の産地で国際水準のGAPを実施する」ことを目標にしていることに平成 30 年、31 年に限りFGAP(運営主体が福島県)の認証がされると書類の提出で省略できるものがあることなどを上げ県としても広く推進したい、それが生産者の身を守りよい農業を続けていくために重要。と学びました。その後、「ニーム(減、無農薬農業を実施するための農業資材)」の効果、使用方法の研修もしました。