家族農業10年がスタート

農民連第23回大会が1月15日~17日開かれました。結成30周年を迎える今年は国連の「家族農業の10年」のスタートの年でもあります。安倍農政が食料自給率低下も地方の荒廃も加速させ、農業が重大な岐路に立たされています。様々な人々との連帯した運動と多くの仲間を迎え入れ、日本の農業を守るため共に頑張ることを確認しました。