原発ゼロの未来へ福島とともに 3・4全国集会

原発事故から間もなく6年目を迎える3月4日、日比谷野外音楽堂に全国から3500人が集まりました。国も東電も未だ責任を取らず、事故収束の見通しも立たない中、安倍政権は全国の原発の再稼働を進めています。賠償、避難者打ち切り、帰還しても生活の基盤がないなど将来への不安が大きく原発事故の重大さが改めて浮き彫りになりました。集会後の銀座をパレードでは原発ゼロ、再稼働反対を訴えました。