月別アーカイブ: 2014年11月

沖縄と福島連帯をさらに

沖縄 川俣 10月3日、川俣町の斎藤憲雄宅で「沖縄と福島の連帯」をさらに深める集いが開かれました。沖縄・教職員9条の会の宮城達さんが「安保条約」「米軍基地」の元での沖縄県民のたたかいについて講演。「人権と平和を求めて69年たたかい続ける沖縄県民」に勇気付けられる集いでした。

「生業裁判」シンポ開催

生業裁判シンポ 10月2日、福島市内において、原告団・弁護団の主催によるシンポジウム『福島の過去・現在・未来を語る』が開催されました。パネリストは、井上淳一さん(シナリオライター・映画監督、映画『あいときぼうのまち』脚本)、蓮池透さん(元東電社員、『私が愛した東京電力』著者)、堀潤さん(元NHKキャスター、8bit news代表)、松竹伸幸さん(かもがわ出版編集長)、中島孝さん(原告団団長)。 パネリストの方々の福島とのかかわり、国や東電の姿勢、いまという時代をどう見るか、一人ひとりが時代や社会とどう向き合うのかなど、2時間30分を超えるシンポジウムとなりました。

安達農民連事務所竣工祝賀会

安達竣工祝賀会9月26日、安達地方農民連の事務所竣工祝賀会が開かれた。高度な環境性能を持ち、農家や地域の人たちに「住まい」からエネルギーを減らす暮らし、エネルギーを変える暮らしを「体感」してもらえる「事務所」ができました。アトラクションで地元の『和雅美(わがみ)太鼓』が披露され、小学6年生から中学2年生までの女の子11名の皆さんの一糸乱れぬ ばちさばき振りに会場は大いに盛り上がりました。